帰化申請について

厳しい時もあるのでしょうか?帰化申請の本当

国籍を変えるというのは、そんなに簡単に出来るものではないというのは当然の話ですよね。
気持ちの問題でも、実際の手続き上の問題でも。
それでも国籍を変えるというのなら、それなりの理由がなくてはおかしいというものです。
帰化申請のためには、日本語の読み書きができること、生計を立てられる基盤があることなどがありますが、それに加えて、日本に5年以上住み続けていることというのも条件の1つとなっています。
さらに、日本の思想を攻撃したり破壊したりしない考え方をしていることというのも、条件の1つです。
これは、もうすでに日本に住んでいて、日本人になることについて一定の理解と共感を持っているという事になるのでしょう。
一見厳しそうな条件に見えますが、日本人になるという決意がある方にとっては、そんなに厳しい条件ではないという事なのでしょうね。

Copyright© 帰化申請 All Rights Reserved.

厳しい時もあるのでしょうか?帰化申請の本当