帰化申請について

帰化申請の面接はどんなかんじなのでしょうか

帰化申請の手続きの中の1つに、面接というものがあります。
担当となった面接官が、申請を出している方と連絡を取り合って面接をし、生計の立て方や暮らしぶり、考え方について実際に会って話をし、確認をするという作業で、申請を進めるうえでは重要なポイントとなるものです。
よく面接というと、その場の対応を丁寧にし、こんなことは言わないようにしようとか、こういう言い方をしようという事が気になるものだったりしますが、帰化申請の面接で重要なことはそんなことではありません。
面接官がみているのは、その場の対応の仕方ではなく、暮らしぶりや周囲の方々の理解の程度なども含まれていたり、雰囲気や立ち居振る舞いからにじみ出る日本への愛着だったりするわけです。
本気で日本に帰化したいと考えているなら、そんなに構える必要など何もないという事です。

Copyright© 帰化申請 All Rights Reserved.

帰化申請の面接はどんなかんじなのでしょうか